カードローンとキャッシング似ているようで少し違う?

キャッシング口コミおすすめ

カードローンとキャッシングはどちらも手軽にお金を借りる手段として紹介されることが多いのですが、両者の違いについて説明できる人は少ないのではないでしょうか。もちろん、どちらも利用方法や利便性においてあまり違いがなく、実際に利用される場面でも両者を使い分けるといった事をしている方も少ないでしょうからあえて違いを認識する必要もないかもしれません。しかし、厳密には両者の言葉の意味には違いがあるのです。
以下ではその違いについて説明していきますが、あくまでも厳密な意味としての説明にすぎませんので、実際に利用する際にはあまり気にする必要がないことかもしれません。まずカードローンですが文字通りローンの一種です。良く知られたものに、住宅ローンや教育ローン、オートローンなどがあります。どちらかというと一括では購入が難しい比較的高額な物やサービスを購入する際にまとまったお金を金融機関等から借入、月々返済していくものです。

カードローン

カードローンは比較的小さいお金を借りる場合に適しています。銀行やコンビニのATMで借入ができるという利便性も持ち合わせています。もちろんローンの一種ですから原則としては毎月返済していくものです。現在では、リボルビング払いという返済方式が主流となっていますが、まとまったお金を用意することが出来れば返済期間中でも任意に一括返済が可能ですし、方法によっては返済回数が1回で済むような場合もあります。

キャッシング

これに対しキャッシングは、少額のお金を借り1回の返済で完済する金融商品の事を指すのが本来の意味でした。ですが、それだけでは利用者が限定されてしまうため、普及する段階で分割返済が可能になったり、利用限度額も拡大されていきました。このような結果、本来違う意味であったキャッシングとカードローンの違いがほとんどなくなり、言葉こそそれぞれ存在していますが意味としては同じようなものになっているのです。

カードローンとキャッシングの違いがほとんどなくなってきている?

ですから現在においては、キャッシングにしてもカードローンにしてもお金を借りる場合、両者の違いを認識した上で借りる必要はほとんど意味がないものとなっています。それよりも重要なのは月々の返済計画です。返済の根拠となる収入の目途がないにも関わらず無理な借り入れをするという事は経済的に破綻する結果につながりやすいといえます。収入と支出のバランスを考慮し余裕をもった返済ができるような計画をたて、キャッシングやカードローンのなかから自分に最もあったものを選ぶようにしましょう。


このページの先頭へ戻る